ふたば便り1月号「冬の養生は鍋料理」

  • 2020.01.06 Monday
  • 13:40
 
12月はそれ程寒くなりませんでしたが、年明けは冬らしい(?)寒さのスタートとなりました。

 冬の寒さは「腎」に影響を与えるため、冷えは絶対に大敵です!
東洋医学の「腎」は西洋医学とは少し異なる部分があります。
泌尿器系だけではなく、生殖や成長・発育と大きく関わりのある生命力の源と考えます。
この機能が低下すると、白髪・歯が弱る・聴力低下・冷え・排尿や排便のトラブル・更年期障害などが起こります。
腎の機能が低下することで起こる症状は“老化現象”と言われるものですが、冬にしっかり腎を補う生活を心がけることで、少しでも老化を遅らせることができます。東洋医学で行う「アンチエイジング」です。

腎を元気にする食べものは、牡蠣・あさり・海老・鶏肉・豚肉・海藻・味噌・醤油・生姜・山芋・黒ごまなどがあります。

また、秋の乾燥した気候で「血」を消耗すると抜け毛なども起こります。「血」を補うには小松菜・ほうれん草・人参・クコの実などがおすすめです。

更に、腎に冷えは大敵なので内から外から(特に下半身)をしっかりと温めることが大切です。
冬に鍋料理が続くと「また鍋〜?」と手抜き料理のように言われますが、冬の食養生には鍋料理が最適なのです!
中でも味噌ベースの鍋料理がおすすめです。「牡蠣の土手鍋」や「鶏味噌鍋」にすり下ろし生姜と黒ごまと七味をかけて食べると、身体がぽかぽか温まります。
豚肉と小松菜にトロトロの山芋をかけた「とろろ味噌鍋」も美味しいですよね♪
身体が温まって、野菜や魚介・お肉など沢山の食材が一度に摂れ、アンチエイジングにもなる鍋はとても優れたお料理なのです!しかも、簡単なのがまた魅力です。

これからまた本格的な寒さがやってきます。冬の養生は春の体調へとつながりますので、温かい鍋料理と温補で腎を労ってあげて下さいね。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM