初めての熱中症。

  • 2019.07.28 Sunday
  • 14:06

 現在の京都市は、突然の梅雨明けで気温が38度などと体温を超えている状況です。

昨年は、猛暑のせいで夏特有のセミが鳴かず、ゴーヤやトマトが成長しませんでした。

今年の夏は如何でしょうか?

夏になると、毎年気になるのが熱中症です。よく耳にしますがどのような病気かご存じでしょうか?

 

熱中症の症状:

めまいや立ちくらみ、顔のほてり

筋肉痛や筋肉のけいれん、足がつる

倦怠感けんたいかんや吐き気、頭が重い、頭痛(体がぐったりし、力が入りにくい状態)

汗のかき方がおかしい(何度拭いても汗が出る、もしくはまったく汗が出ない状態)

体温が高く皮膚が赤く乾いている

呼びかけに反応しない、おかしな返答をする

まっすぐ歩けない

自分で動けない、水分補給ができない、などです。

 

熱中症の原因:

体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまうことです。体温が上昇した場合、人の体は適度な体温を維持するために、汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして熱を体外へと放出します。この機能が損なわれることで熱中症が生じます。

熱中症になる要因には、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

環境要因:気温が高い、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪い、など

身体要因:子ども、高齢者、脱水状態、など

行動要因:炎天下で活動する、水分や休憩がとれない、日陰などで休まない、などです。

 

先日、熱帯夜で今までにないくらい身体全体に汗をかき朝を迎えました。

起きたときはどうもなかったのですが、治療院に行きしばらくすると頭全体の頭痛、吐き気、手の震え、めまいに襲われました。寒気と熱感が交互に訪れ、風邪かと思いましたがどうも違う。「熱中症や!」と自分で診断しました。汗をかきすぎて、脱水症状になったのですね。スタッフに「ポカリスエット買ってきてください!」患者様用に用意していた塩飴を食べて様子を見ていました。中々、症状が良くならず焦っていました。すると、スタッフが気を利かし、梅干を買ってきてくれました。

なんと、梅干を食べたとたんに症状が改善してきました。恐るべし梅干。

今では、毎日梅干を食べるようにしています。

 

これから、益々熱くなります。どうか、お身体ご自愛ください。熱中症には、十分にご注意下さい。

(文章の一部、インターネットから引用させて頂きました。)

  

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM