尋常性乾癬は完治する。

  • 2018.11.17 Saturday
  • 17:21

現在の京都市は、秋晴れで過ごしやすい日が続いております。朝夕は少し寒さを感じます。

どうか、風邪などひかないようにご注意下さい。

 

最近マスコミでは、「尋常性乾癬」の報道が様々な番組で報道されています。

以前にもブログで書かせてもらいましたが、話題になっているようなのでまた、治療内容を書かせていただきます。

西洋医学的には不治の病。ステロイドが基本ですが、数回塗ると良くなりますが止めるとすぐに再発します。「尋常性乾癬」は皮膚病という観念だけでなく「腸内環境」が影響しているのです。

西洋医学とは少し異なりますが、「ビオチン療法」という方法が有ります。

奈美悦子さんが「掌蹠膿疱症」になり完治に至った治療法です。

ビオチン・ビタミンC・ミヤBMを混合したお薬です。基本的には腸内環境を整えるお薬です。穏やかに効果が出てきます。

当院では乾癬を「血の滞り」と判断しています。原因は、腸内環境だと判断しています。

乾癬の「癬」は、やまいだれに魚と羊です。食事の際の偏ったタンパク質などの摂取に関係が有りそうです。

治療法は、鍼灸治療がメインになります。

アトピー性皮膚炎も同じですが、乾癬が有るところに鍼をすると真っ黒な血が出てきます。

しもやけと同じで、血液が停滞しているのです。出血させると必ず改善します。

乾癬は身体の様々な場所にできますが、近くに数個の乾癬が出来ますと、治療をしますと数個の乾癬が合併していきます。合併すると乾癬が薄くなってきてその後消失します。

なぜそのような反応が起こるかは当院では現在研究中ですが、治癒率はほぼ100%です。

非常にこじらした乾癬で、悩んでおられる方のご来院は後を絶ちません。

当院でビオチン療法もご用意しております。

また、食事療法もご指導させていただいております。

お困りの方は、是非ご相談ください。

 

これから益々寒くなります。風邪などどうか、ご注意下さい。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM