ふたば便り11月号「肺と大腸と免疫力」

  • 2018.11.01 Thursday
  • 08:18
 
秋は過ごしやすい気候できれいな紅葉も観られ一年の中で大好きな季節です♪
楽しみが沢山ある季節ですが、この時期は便秘の方が多くなります。
ゝ╂瓩諒僂錣衞椶納律神経バランスが乱れている 
夏に冷たいものを摂りすぎて体内が冷えてしまい胃腸が弱っている 
秋になり美味しいものを食べ過ぎて腸内環境が乱れている 
た搬里涼罎乾燥している

このような原因で起こるのが秋の便秘の特徴です。

 東洋医学で秋は「肺」の季節になります。肺の機能の一つに「衛気(えき)」というものがあり、これはウイルスや細菌などの外邪が体内に侵入しないように守る働き「免疫力」です。しかし肺は乾燥にとても弱く乾燥すると機能が落ちてしまい、そうするとのどの痛みや風邪、アトピーや喘息の悪化などが出てきます。
免疫力は肺の働きですが、その表裏の関係にある「大腸」の働きが弱ると肺にも影響し免疫力も低下してしまいます。「腸内環境を整えて免疫力アップ」はこういう肺と大腸の表裏関係そのものです。
4000年以上前に腸と免疫の関係がわかっていた東洋医学のすごさを感じました。

 秋から冬にかけて体調を崩しやすくなる方は、乾燥対策と腸内環境を整えてあげることが大切です。
乾燥対策は水分補給ですが、ぬるま湯又は常温水をちびちび少しずつ摂取します。それと同時にお腹を温めて冷やさないように気をつけて下さいね。
そして腸内環境を整えるのにおすすめなのは、乳酸菌生成エキス(アルベックス)です。腸内環境を良くするために乳酸菌はとても大切ですが、乳酸菌そのものを摂取しても腸に届くものはわずかです。そして届いた菌が自分の腸内との相性が良くない事もあります。
でも、アルベックスは菌を直接摂取するのではなく乳酸菌の力で豆乳を発酵させそこで発生した有用成分を抽出したものです。一番の特徴は赤ちゃんのころから住んでいる自分だけの乳酸菌を守り、育てて増やしてくれるのです。
飲み始めて体の反応はそれぞれ違いますが、長年の便秘だったある方は最初真っ黒の便が出たそうです。何日かそれが続いたあときれいな色の便に変わり、そこからアレルギー症状が緩和されました。
アルベックスは液体なので、飲み物に入れて摂取しますが温かい飲み物にいれても成分はかわりません。
乾燥対策の水分にアルベックスを入れて摂取されると肺も大腸もいたわることができますよ。
便秘で悩んでいる、風邪予防、免疫力が低下しているなどでアルベックスを試してみられたい方はスタッフまでご相談下さいね!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM