最近の腰痛状況。

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 21:22

 3月中旬となりましたが、今日は初夏の日和となり自転車で買い物をしていると汗ばむ陽気となりました。三月後半になりますと観光客も増え、京都は益々人込みで賑わうことになります。

 

当院では、最近腰痛の患者様が多く来られています。「ヘルニアと診断されました。」

「脊柱管狭窄症と言われました。」を始め、ぎっくり腰や慢性の職業病的な腰痛など様々です。春のこの時期は、花粉症のくしゃみによるぎっくり腰や犬の散歩で元気な犬についていけなくなる「犬の散歩腰」やゴルフを再開して起こる「ゴルフ腰」や今後は庭野草むしりで起こる腰痛など多種の腰痛でお悩みの方がご来院されます。

いずれの腰痛も約80%の方は、骨盤の機能障害からくる腰痛です。

 

一般的にはけん引やシップ、痛み止めを服用しますが、ほとんど効果は有りません。

関節の異常からくる痛みは痛み止めが効かないケースがほとんどです。

腰を痛めてから仕事などでこじらした場合を想像してください。

痛めた痛みを10といたしますと、痛み止めは全く効きません。しかし、こじらした場合はプラス1から5の痛みが生じます。これは、関節の周りの筋肉や靭帯を更に痛めています。その更に痛めた分には若干痛み止めが効きます。しかし、以前から痛めていた10の痛みには全く効果は有りません。

その痛みには、鍼灸治療や関節の可動域を広げる手技療法でかなりの効果が期待でき、完治まで期待できます

 

当院は、様々な治療に対応しているかなり珍しい治療院です。難病疾患はもちろんですが、

筋骨系の疾患も他の治療院には絶対に負けない自信が有ります。近年「現代病」と言われる「頚椎症」や「スマホ首」なども短期間で治癒します。当院は、新たな治療法を開発いたしました。どうか、お困りの方はご連絡ください。

 

桜が咲いても夜は肌寒い日が有ります。どうか、お身体を冷やさないようにご自愛ください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM