生き方を変えれば病気は治る

  • 2018.10.19 Friday
  • 19:32
 
朝晩ずいぶん冷え込むようになり、すっかり秋の空気になりました。今年はきれいな紅葉が観られるのでしょうか?

私たちの所属する「日本自律神経病研究会」から、鍼灸師・医師・歯科医師の治療実例集「生き方を変えれば病気は治る」が10月25日に出版されます。

福田稔先生と安保徹先生が発見された自律神経が白血球(免疫系)を支配するという「福田−安保理論」を基に「自律神経免疫治療研究会」が始まり、その後「自律神経の乱れが様々な病気を引き起こす」というテーマに行き着き2016年から「日本自律神経病研究会」と名称が変更されました。
2014年4月7日に福田稔先生が逝去されてからは、名誉理事長の安保徹先生のご指導を受けながら研究会が進められていましたが、2016年12月6日に安保先生が急逝されました。
突然の悲しい知らせ…。研究会もどうなるのかという不安もありましたが福田先生、安保先生が残して下さった理論を広げ、様々な悩みを持たれる方の手助けになれるようにと多くの先生方がその遺志を受け継ぎました。
私たちもその理論を受け継いで、少しでも多くの患者様の治るきっかけの手助けをさせて頂くことで福田先生、安保先生への恩返しが出来ればと思っています。


今回出版された本の中には、当院長の谷口茂樹先生の症例も掲載されています。
「鍼灸・刺絡療法と温熱免疫療法との併用で、十二指腸カルチノイドが消失した症例」と「卵巣がん手術と抗がん剤治療による副作用からQOLが改善した症例」です。
是非多くの方に本を読んで頂き、こんな治療もあるということ、難病も克服できるという事をお伝えし皆様の勇気と元気のきっかけになれることを願います。

本のご購入希望の方は、当院でもご用意していますので受付までお声かけ下さいね!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM